2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010年07月29日(木)

温かい家庭への特別養子縁組をサポート する会

私のブログは、コメントの受付はしておりません。
子育ての合間に、更新し、お返事を出す時間もなかなか取りにくくなっています。

この、ブログに訪れていただいている方は、多分、養子縁組をされているご家族か、
養子縁組を希望、心待ちにしている御夫婦だと思っています。
どうして、子供を授かったのか?一番知りたいところです。
私も、そういう時を乗り越えているから解ります。

私たちの特別養子縁組
※縁の問題ですので、面接や、待機期間は、それぞれ異なると思います。

子供が欲しいと、願う御夫婦は、パソコンの前に座って、
どこかヒットするまで検索すると思います。
養子縁組というと、まず、「児童相談所」を思い浮かぶと思います。
我が家もパパは、そうでした。しかし、私は「ピン〜」と来るものがなく、
「そこ、違う」と感じました。

第一子は、民間の会より、授かることが出来ました。
 面接から、待機期間は1年と、長いような早いような時間でした。
この会からは新生児をさずかり、名前も付けさせて頂き、特別養子縁組裁判で半年後に、
私たちの実子となりました。子供を授かることができるのなら、
一人より、兄妹が欲しい。という願いもあり、
第一子を授かったあと、別の会に養親希望の申し込みをしました。
正直、一人いるから、いいのでは?!と、断られることを覚悟の申し込みでした。
書類審査、面接(数回の)をして、待機3年目に第二子に恵まれました。

第一子の申し込みは、夫婦37歳。38歳の時に長男を授かり、
第二子は、41歳になった時に授かりました。
不妊治療をされて、終止符を打つ年は、皆さん30歳後半になっている頃だと思います。
しかし、養子縁組の養親には、年齢制限もあり、何時、どうするか?は、
御夫婦の決断だと思います。

私たちも、結婚10年。子供が出来る。と信じていました。しかし、どうしても出来ません。
お互いの機能はあるのに、出来ない・・できても流産する。という結果では、
いつか出来るだろう〜。と治療の止め時が決断出来ないものです。

第二子を授けて頂いた会も民間での活動をされていて、養子縁組されている方や、
養子に出した親(産みの親さん)での活動をされています。
家族の調査や、面接もあります。面接をしたから、必ずということでは、無いと思いますし、
面接の順番どうり、ということでもないと思います。
(どの会に登録しても、そうだと思います)第二子も新生児を授かり、
名前も命名させて頂きました。子供が授かりたい御夫婦の
一つの明るい兆しとなればと、思いますので、会のHPに訪れてみて下さい。

あとは、御夫婦や、ご家族の考えもあると思いますので。
そして、私たちの今後は、養子縁組を心待ちにしている方のために、
サポートしていくことが努めだと思っています。

養子縁組を進めることではありませんが、子供が欲しいと思う御夫婦のお気持ちは
痛いほど理解しております。

私のブログは、授かった子供たちに残すように、
そして、子供を授かりたい御夫婦に励みになるように更新していきます。

 第二子を授けて頂いたベビー救済の会 

予期せぬ妊娠でお悩みの方と
赤ちゃんの命をお守りし温かい家庭への特別養子縁組をサポートする
第二種社会福祉事業 「NPO Baby ポケット」


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へにほんブログ村
12:08  |  2007年~2012年7月までの記録♪  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pocket003.blog.fc2.com/tb.php/89-406f9ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |