2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016年06月30日(木)

ドラマ「マザーズ」が本になります♪

ドラマ「マザーズ」が本になる!

新刊書籍企画

マザーズ

      僕には3人の母がいる

吉田紀子 脚本 青山美智子 ノベライズ

主婦と生活社刊 定価:本体1400円+税 2016年7月22日発売予定
四六判(左右127×天地188㎜)並製 本文約200ページ予定

中京テレビ開局45周年記念ドラマ『マザーズ』と、その続編『マザーズ2015~17歳の実母』の2本をノベライズ化し、1冊の本として出版いたします。
2014年10月に放送された『マザーズ』は、第69回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門優秀賞、平成27年日本民間放送連盟賞』テレビドラマ番組最優秀賞を獲得するなど、高い評価を受けた作品。続編の『~17歳の実母』もそうですが、特別養子縁組を題材に、養子、産みの母、育ての母などの姿をリアルに描き、繊細な問題に取り組んだ力作です。

○あらすじ

「3人の母」
両親の愛情に包まれ、お人よしでフツーな19歳に成長した浪人生・健太はある日、自分が養子であることを知ってしまう。自分の出自を知りたいと訪れたNPO「スマイルベビー」は、さまざまな深刻な事情を抱えた妊婦たちが身を寄せる駆け込み寺のようなところ。どうしても赤ちゃんを育てられない妊婦たちは、出産後すぐに「スマイルベビー」代表・貴子の仲介で特別養子縁組を行い、自らの子を養父母に託す。貴子自身も、幼女を育てるシングルマザー。健太は「スマイルベビー」に滞在し、貴子や妊婦たちとふれあううちに、産みの母、育ての母への新たな思いが芽生える……。

「十七歳の実母」
「スマイルベビー」代表・貴子の元に、県立高校教師の片岡から「生徒が妊娠したようで…」との電話が。すでに中絶不可能な時期となっていた女子高生・麻子は、妊娠するようなことをした覚えがないという。バツイチである母親の恋人から性的虐待を受け、その記憶を失ってしまったのだった。麻子の母はDVによって支配され、娘を顧みない。身勝手な大人たちに傷つけられた麻子はスマイルベビーでの生活を通じて、改めて自分のことを見つめ直し、出産を迎える……。

*書籍化にあたって
ドラマのテーマである「特別養子縁組」は、近年増加する乳幼児虐待などもあり、子どもの福祉に最優先に取り組むべき課題のひとつとして社会的な関心も高まってきています。この制度への抵抗感や偏見がなくなり、一人でも多くの小さな命が救われてほしい……。もちろん、決してきれいごとではすまない複雑な事情や困難があり、現実に当事者の方々は筆舌に尽くしがたい試練に向き合われているはずです。
それでも、このドラマが読み応えのある一冊の本となってさらに広がっていくことで、やむを得ない事情によって、産みの母から育ての母への命のリレーによって小さな命が救われていること、命の尊さを伝えられたらと願っています。

●脚本・吉田紀子 脚本家。『Dr.コトー診療所』(橋田賞)、『抱きしめたい』(文化庁芸術祭テレビ部門優秀賞)、映画『涙そうそう』など。

●ノベライズ・青山美智子 ライター。パレットノベル賞(小学館)佳作受賞、短編小説『街灯りの向こうに』(奥田瑛二主演で映画化)。ノベライズ『ビューティフルレイン』(扶桑社)ほか。

★ドラマ製作著作 中京テレビ
 企画・プロデューサー 栗田美和

株式会社主婦と生活社 別冊週刊女性編集部 遠藤純
編集部TEL03-3563-5194 メール:s1297@mb.shufu.co.jp
にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

予期せぬ妊娠でお悩みの方と
赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組をサポートする
ベビー救済★NPO Babyぽけっと

親ばかサロン掲示板
養親の交流の掲示
13:26  |  ☆Babyぽけっと☆ベビー救済  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |