2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年10月16日(木)

ベビー救済の日☆お誕生おめでとう!

今日は、今までサポートした中で、1番大変だったというか、出産ということを学んだ日でした。
昨日から陣痛で痛みもあり診察に走ったけど、まだだということで帰宅したSちゃん。
何かあれば連絡するように伝え、パパさんが待機し、あたしも携帯もち、休む部屋には内線連絡が出来るようにしています。
でも。。。。
言えなかったか。。。
どこまで我慢したらいいか解らなかったか。。。
今朝
「もう、動けない・・・」
と限界まで我慢して連絡があり、救急車を呼び搬送しました。

パパさんが救急車に乗り、あたしが後から付いて行く・・・
病院までお願い!頑張って!
との願いも叶うこと無く、救急車の中で産まれました。
パパさん・・・・
心臓が飛び出そうなぐらいドキドキし、立会い出産になり、涙が自然に出てと言います。
「産まれるって・・・・凄いことだ。出産に関わるドクターやスタッフさんは素晴らしい!」
感動してました。
救急車の中では、それはドラマのシーンのような出来事だったと話してくれました。
パパも一緒に手伝い、何も知らない隊員さんに
「おめでとうございます。お父さん」
と言われ、思わず「ハイ。ありがとうございます・・」
と。
しかし、一足遅ければと、考えると怖いです。
未受診とか、妊娠してることすら言えず引きこもりとか、ダメですよ!
妊娠したことは、キチンと受け止め考え、出産するんだ、子供を産むんだ、という意識を持って欲しいです。



今回は、助産婦さんから妊婦さんの状況も考えて「救急車を呼んで下さい」と連絡があり指示に従いました。
そうでなければ自分たちが車で行っていたと思います。
救急隊員のかたの的確な対応にも感謝です。

一つの命が産まれるには、多くの方が関わり誕生する。と改めて学び、私達も妊婦さんそれぞれの性格、個性の違いにもう少し細かく対応していかなければ・・・と学び、反省もしました。

無事に産まれてきてくれてありがとう!
この出産に関わって頂いた全ての方に感謝の1日でした。

にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

予期せぬ妊娠でお悩みの方と
赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組をサポートする
ベビー救済★NPO Babyぽけっと

親ばかサロン掲示板
養親の交流の掲示

21:39  |  ☆Babyぽけっと☆ベビー救済  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。